光浦靖子と大久保佳代子のオアシズにはコンビ格差があった!

オアシズ

アラフォーお笑い芸人として活躍している光浦靖子さんと大久保佳代子さん。

 

2人がオアシズというコンビだという認識は薄いかもしれませんが、光浦靖子さんと大久保佳代子さんのコンビ格差が話題になります。

 

大久保佳代子さんの勢いはハンパないですが、今は2人での活動よりピンとしての活動が多いですよね。

 

そんなオアシズの2人について調査してみましょう。

スポンサードリンク

光浦靖子さんと大久保佳代子のコンビ格差はいつから?

 

オアシズは結成23年になるようです。

 

c85af1bd56a1b37cb5d5e95e2d0c911a

1995年に大久保佳代子さんが芸能活動を休止しOLに転職してからは、光浦靖子さんがピンで活動してきました。

 

大久保佳代子さんはOL兼業で2000年頃からテレビ復帰しましたが、光浦靖子さんが大きく先導する時代が長く続きました。

 

ところが、次第に大久保佳代子さんのHで卑猥なキャラが頭角を現し、多くの番組の落ちに使われるなどして一気にブレイクしました。

 

2010年にOLを辞めてからは、光浦靖子さんと大久保佳代子さんの立場は完全に逆転しました。

 

 

オアシズに解散の危機が?

 

光浦靖子さんと大久保佳代子さんの立場が逆転してからは、コンビで出演するのは「めちゃイケ」だけ。

 

最近の大久保佳代子さんは、月のレギュラー7本、ラジオ2本、単発出演20本とすごい勢いです。

 

ついによ金額が1億円を突破したと口走っていました。

 

それに比べて光浦靖子さんは、レギュラー3本、単発10本と低迷してきています。

 

子のコンビ格差に、光浦靖子さんが嫉妬を抱いても不自然ではなく、解散や不仲説が出るのも当然です。

 

ところが、オアシズとして「アメトーーク!」に出演した時に明らかになった不仲の理由はコンビ格差によるものではありませんでした。

 

実は、光浦靖子さんは半同棲中の恋人を大久保佳代子さんに奪われ、涙にくれた時期があったようです。

 

2人は口も聞かなくなってしまい、食べていくためにオアシズを続けていく必要があったため、仕方なく歩み寄ったようです。

 

「今もずっと死ねばいいと思っている」なんて冗談に聞こえますけど、光浦靖子さんにとってはかなり遺恨が残っているのでしょうか。

 

ネタかもしれませんけどね。

スポンサードリンク

 

 

光浦靖子はモテない女のバイブル

 

光浦靖子さんはブサイク女としての芸風が染みついていますが、「どうせ私なんかに興味ないのに喋ってくれてるんでしょ。そんなやさしさいらないと思う」「自分に振り向いてくれない男性は正しい感性を持っている」という卑屈すぎる恋愛観を持っています。

 

2015121300016_1

しかも、光浦靖子さんは自分のことをどうしても好きになれないせいで、他人に「好き」といわれると「はぁ~?」となるんだとか。

 

さらに「自分のことを好きという人は嫌い」とまで断言しています。

 

「恋愛をなさっている人より自分の方が老化がはやい」とわかっていながらも、「恋愛はしなくてはならないものか?」と疑問を抱き続けている光浦靖子さんは46歳になりました。

 

もはや結婚に興味や夢はなくなってしまったのでしょうか。

 

女芸人の結婚が話題に上がったときには、必ず僻む女を求められることを面倒くさいと感じるそうです。

 

かなりの人間不信に陥っている感じがしますが、このネガティブな光浦靖子さんの恋愛観から出る名言こそが、多くのモテない女性を勇気づけているのかもしれません。

 

 

光浦靖子と大久保佳代子が生放送中にケンカ?

 

光浦靖子さんと大久保佳代子さんのコンビ格差が囁かれている中、27時間テレビ「めちゃ×2ピンチってるッ!本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!」では、光浦靖子さんが生放送中にスタッフと大ゲンカしたという話がありました。

 

光浦靖子さんが怒った原因は、2日間かかって用意した「ブス分布図」がニュース速報のおかげでカットされてしまったことにあるようです。

 

これには「相応いらだっるな~」と感じてしまいますよね。

 

やはりコンビ格差には少なからず引っ掛かりがあるのでは?と想像してしまいます。

 

なぜ同じ「ブス」で売っている光浦靖子さんと大久保佳代子さんにコンビ格差が生じてしまったのかを考察すると、やはり「ブスキャラ」の態度が魑魅魍魎化している大久保佳代子さんの方がテレビ的には盛り上がるのでしょうね。

 

それに比べて光浦靖子さんは、料理上手でインテリ、実はスタイルもいいし、肌もキレイ。

 

ブサイクといっても実はそうでもない分、ちょっと派手さに欠けます。

 

しかし、その地味さこそが光浦靖子さんの売り。

 

コツコツ手芸をやるようなキモさに共感する女子はたくさんいます。

 

また、その完成度の高い作品さえも自虐的にとらえ、「男子がもらって困るブローチ集」なる本も出版したことがあり、手芸に興味のない人間のネタにもなったはずです。

 

たとえコンビ格差が生じても、それは光浦靖子さんが言うところの努力しても治せないのが個性です。

 

我々も格差など気にせず、純粋にその個性を楽しませてほしいですね。

スポンサードリンク

人力舎

Posted by wpmaster