カラテカ入江の「合コン用語辞典」は本当に使える?年収がスゴイ!

irie1-300x199

カラテカ入江さんは、矢部太郎さんとお笑いコンビであるカラテカのツッコミ担当です。

 

「友達が5000人いる」ということを公言していて、人脈ん広さをネタにして活動しています。

 

そんなカラテカ入江さんについて調査してみましょう。

スポンサードリンク

カラテカ入江の「合コン用語辞典」が使える!

 

カラテカ入江さんの鉄板ネタとなっているのが、合コンのあるあるネタを面白おかしく表現した「合コン用語」。

 

たとえば、「幹事MAXの法則…幹事の女の子が一番可愛いということ」「コロンブス…遠くからわざわざ来たブス」など、合コンのあるあるを男目線でうまくまとめた用語がたくさんあります。

 

今では、合コン用語や合コンの必勝法をまとめた「カラテカ入江の合コン用語辞典」という書籍を出版しています。

 

「本気で使える!」と人気を集める事態になっていて、カラテカ入江さんは「この本を合コンへもっていって、みんなで盛り上がって欲しいと語っていました。

 

 

カラテカ入江のコンパ歴が凄すぎる!

 

カラテカ入江さんのコンパ歴は、20歳の頃から始まり、3000回以上に達しているのだとか。

 

週8で合コンというのも、よくあるのだとか。

 

芸人になりたての頃は、夜中の3~4時に、先輩芸人から「今すぐ合コンをセッティングしろ!飲み屋に女の子を連れてこい!」と、電話がかかってくる毎日だったというカラテカ入江さん。

 

メンバー確保のために、日々ナンパをし、合コンをし、女の子の連絡先をゲットしていたそうです。

 

セッティングした合コンでは、先輩を気持ちよくさせ、先輩を立てることに徹し、先輩に可愛がられる後輩力を磨いていたカラテカ入江さん。

 

プライベートで売れっ子先輩芸人に可愛がってもらうことで、仕事も増えたというカラテカ入江さんは、誰もが後輩力を磨くことを進めているようです。

 

 

カラテカ入江の人脈や交友関係はなぜ広いの?

 

カラテカ入江さんの人脈や交流関係は、芸人だけでなく、白鳳関のような超大物アスリートから、会社役員などの一般人まで、全方位にわたります。

 

カラテカ入江さんのポリシーは、「誘われた飲み会にはとりあえず行ってみる」。

 

ジャンルの異なる業界の集まりにもどんどん参加し、連絡先を交換することで、友達を5000人も作ったようです。

 

芸能人にも関わらず、配りまくる名刺には、電話番号とメールアドレスといったプライベートの連絡先を記載しているカラテカ入江さん。

スポンサードリンク

 

その相手のFacebookをマメにチェックするなどして次に会える機会を狙い、「飲みの席で一度会っただけの人」では終わらせないように徹底しているのだとか。

 

 

カラテカ入江の彼女は誰?

 

カラテカ入江さんの彼女が、一度だけ発覚したことがあります。

 

カラテカ入江さんの彼女報道のお相手は、女優の小澤真利奈さんで、2014年5月に、手つなぎデート現場を週刊誌に抑えられ、真剣交際が報じられました。

 

しかし、カラテカ入江さんは熱愛を否定し、あくまでも友人関係であるときっぱりと宣言しました。

 

ところが、翌年出演した「特盛!よしもと今田・八光のおしゃべりジャングル」で、実際には、小澤真利奈さんと熱愛関係だったことを告白。

 

熱愛彼女の身を案じて交際を否定したにもかかわらず、交際をあまりにもキッパリと否定したことで、かえって彼女を気付つけてしまい、本当の友人関係に戻ってしまったそうです。

 

カラテカ入江さんは、「あの時交際をはっきりと認めていれば、今頃は幸せをつかんでいたかもしれない」と後悔しているようです。

 

 

カラテカ入江の月収がスゴイ!

 

カラテカ入江さんはお笑い芸人ですが、ステージで爆笑を巻き起こすような売れっ子お笑い芸人といったタイプではありません。

 

それは、本人も十分自覚しているそうです。

 

実際に、現在の芸人としての収入は、月にわずか15万円ほどだと、日本テレビの「芸人報道1時間SP」で明かしていました。

 

「15万円で生活していけるのか?」という指摘に、カラテカ入江さんは副業の収入を合わせると月収は160万円以上あると告白しました。

 

カラテカ入江さんの副業とは、人脈形成やコミュニケーションについての講演会講師や企業向けのコンサルティング業務です。

 

合コンを発端として身につけてきた「人と仲良くなる力」を最大限に生かさず活動をしていました。

 

2014年に、同番組に出演した際に明かされたカラテカ入江さんの月収は67万円だったので、2年間で100万円も月収アップ!

 

秘訣はまさに人脈や交流関係の広さといえるでしょう。

 

多数のクイズ番組で活躍し、ガリガリ芸人としてもテレビ番組に頻繁に露出している相方のカラテカ矢部さんと異なり、お笑い芸人としての活躍は目にする機会が少ないカラテカ入江さん。

 

芸人を廃業し、コンサルの副業を本業にした方が儲かるような気もしますね。

 

カラテカ入江さん自身は、「芸人のほうが楽しい」と話し、芸人を廃業する気はないようです。

 

人脈形成術において、ご飯をご馳走になれるのは30代まで、と語っているカラテカ入江さんも40代。

 

お笑い芸人とコンサル業、どちらの道でもより大きな成功を収めることになるような気がしますね。

スポンサードリンク