宮迫博之の嫁は鬼嫁といわれるが元バレリーナ?余命宣告され息子は?

imgPicture01

「アメトーク」をはじめ、バラエティー番組やドラマにも出演している、雨上がり決死隊の宮迫博之さん。

 

そんな宮迫さんの気になることといえば

嫁が鬼嫁で元バレリーナであるということやがんで余命宣告されたときの子供の反応も気になりますよね。

 

今回は宮迫博之さんについてちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

嫁が鬼嫁で元バレリーナ?

 

宮迫さんの奥さんは昔バレエをしていたようです。

 

バレリーナ=華奢で美人系といイメージがあると思います。

 

そんな宮迫さんの奥さんの写真がこちら

 

dokusya_no1

この写真から華奢なのかということはわかりませんが綺麗な方だと思います。

 

宮迫さんと奥さんの出会いは19歳の頃で、芸人として活動し始めたころなんだとか。

 

それから6年間付き合っていましたが、宮迫さんは芸人として売れず、「先も見えないし、養えないし、結婚できない」といって宮迫さんから別れたんだそうです。

 

奥さんは宮迫さんの2歳年上。

 

6年付き合って、27歳にもなれば結婚も意識していたのでしょうね。

 

宮迫さんもそのことをわかっているからこそ身を引いたのかもしれません。

 

しかし、その1年後、東京出身しても仕事がなかった宮迫さんに彼女から突然電話が来ます。

 

電話に出るなり、彼女からんおプロポーズ?

 

「今すぐ私と結婚するか、もう二度と会わないかどっちか選んで!」

あまりに突然で、ちょと落ち込み気味だった宮迫さんは「結婚する」と答えたんだそうです。

 

電話を着る間際に、「やっぱりもうちょっと考えさせて・・・」といったそうですが、もう電話は切れていたようです。

 

プロポーズするなら、突然に勢いよくするとOKしてもらえる可能性が高いのかもしれませんね。

 

勢いでOKしてしまったという宮迫さん。

 

電話があった2週間後には、結婚式を挙げています。

スポンサードリンク

 

奥さんの行動力は凄いですね。

 

気っと奥さんにとっては、最後の賭けだったのかもしれません。

 

やっぱり別れたくなかったから、電話でストレートにプロポーズしたのかもしれませんね。

 

それだけ宮迫さんのことを思っていたのでしょう。

 

なのに、なぜ鬼嫁っぷりを破棄しているのでしょうか?

 

釣った魚にエサをやらないということでしょうか?

 

気っと夫婦にしかわからない関係性があるのかもしれませんね。

 

 

がんで余命宣告されたときの子供は?

 

2012年に胃がんであることが発覚し、宮迫さんは手術しています。

 

あまりにも突然で、ニュースを見ていて驚いた方も多いと思います。

 

宮迫さん自身もほとんど自覚症状はなかったようです。

 

周りの芸人が体調を崩して入院するのを見て、なんとなく人間ドックで検査をしたら見つかったのだとか。

 

まさに不幸中の幸いですよね。

 

この時主治医に言われた余命宣告。

 

「このまま放っておいたら、余命半年だった」

目の前が真っ暗になったようです。

 

まさか自分の命が、あと半年なんて誰も思いませんよね。

 

鬼嫁といわれている奥さんも、さすがにショックで食事もまともに取れなかったのだとか。

 

やっぱりなんだかんだ言っても、旦那さんのことが心配なんですね。

 

そして宮迫さんにとっても一番大切な子供・陸くん。

 

そのときは小学校6年生でした。

 

まわりのお父さんががんだと聞くより、ちゃんと話した方が良いと思った宮迫さんは、自分の病気を陸くんに打ち明けたそうです。

 

泣かれることを覚悟していたが、返って来た言葉は「大丈夫。パパは絶対に大丈夫な人やから。すごい人やから大丈夫」。宮迫はこの時、「こいつのためにも治さなあかん」と固く決意したのだという。

 

こんな風に思ってくれている息子がいたら、病気を治さなくて話と思いますよね。

 

いつも仕事をしている宮迫さん背中をちゃんと見ていたんでしょうね。

 

鬼嫁といわれている奥さんは元バレリーナで綺麗な方ですね。

 

いろいろとエピソードはありますが、宮迫さんの余命宣告のときに、ご飯も食べられなくなるほど落ち込んでいたそうで、なんだかんだ言っても宮迫さんのことを思っているということですよね。

 

宮迫さんはがんを克服していますが、5年間は再発の危険性が高いといいます。

 

再発することなく元気に活躍して欲しいですよね。

スポンサードリンク