岡村隆史の病気の原因は矢部浩之だった?復帰の理由と高倉健の言葉!

IMG_5865

2010年6月から11月まで、ナインティナインの岡村隆史さんは突然の休業をして、芸能界だけでなく、一般の人たちにも大きな話題となりました。

 

いつもハイテンションの岡村さんですが、詰まっていたスケジュールを全部キャンセルして突然の休業でした。

 

当時、病名はまったく発表されず、心配されていました。

スポンサードリンク

うつ病の原因は矢部浩之だった?

 

2010年6月初めから11月末まで、ナインティナインの岡村隆史さんは突然の休業をし、大きな話題になりました。

 

岡村隆史さんの症例は、典型的な働き過ぎです。

 

この年、岡村隆史さんは「めちゃイケ」「オールナイトニッポン」などのレギュラー番組のほかに、主演映画「ティーダカンカン」の撮影が重なり、より多忙を極めていました。

 

40歳を迎え、岡村隆史さんは絶好調でしたが、そう若くはない心と体が、気がつかないうちにすり減っていたのでしょうね。

 

岡村隆史さんは、多忙から銀行にも行けない状態なのに、これだけ働いても財布にお金がないのだと思い始め、相方の矢部浩之さんに、お金がないと訴えるようになりました。

 

さすがに岡村さんの異常に気付いた矢部さんは、台本を覚えることもできなくなり、不眠で倒れてしまった岡村さんを見るに至って、矢部さんは会社と相談。

 

その結果、岡村さんに長期休養を取らせるということになりました。

スポンサードリンク

 

休養当初の岡村さんはうつ状態がひどく、絶対安静状態であったそうです。

 

矢部さんにはすでに、大学へ進学していた岡村さんをお笑いの世界に引き込んでしまったという引け目があり、岡村さんが休業の間、腹をすえレギュラー番組を守り抜きます。

 

また、そのコンビの強い絆が、岡村さんの復帰を速めたとも言われています。

 

 

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で赤裸々に語る

 

高倉健さんが岡村隆史さんに声をかけるシーンが、10月26日放送のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に収録されていました。

 

この番組に出演した岡村さんは番組中で2010年の5か月間にわたる休養について「僕は1回、思いっきり逃げたんですよ。自分で決めた仕事がうわ~ってなって、そのときはやめようと思いましたもん、芸能界。その時は1人で全部やらなくちゃいかん、と思い過ぎていた。気がついたらねないで2日経っていた」と赤裸々に語っていました。

 

実はこの番組の中で、岡村さんは、3人のスペシャリストである、左官職人の挾土秀平氏、歌舞伎俳優の坂東玉三郎、「奇跡のりんご」栽培で有名な演芸か木村秋則氏と対談することで、それぞれから人生を生き抜くうえで貴重なアドバイスを得ています。

 

岡村さんの悩みは、自分なりに仕事に取り組んできた中高年共通の悩みでもあります。

 

岡村さんのような苦しみに陥ったとき、必要なものはけして薬や教養だけでなく、家族の愛情であり、友人の助けであり、人生の先輩の励ましであると、岡村隆史さんは身をもって教えてくれたんでしょうね。

 

また、たった一度の出会いであった高倉健さんが、岡村さんに熱いエールを送ったのは、時代は変わっても健気で不器用な男の生きざまに、強い親近感を感じたのかもしれませんね。

スポンサードリンク