ノンスタイル石田明の嫁は誰?うつ病の過去が…!

Artist_5V9xdWKqER3nkX198FigKbq2pPeQta8P_1

ノンスタイルの石田明さんは「ノンスタの白い方」と言われることがあります。

 

そのキレのある漫才で、「女子高生が好きな漫才コンビ」で1位に長年君臨しています。

 

ノンスタ石田さんの嫁がどんな人なのか?

 

うつ病だったという壮絶な過去もあるようなのです。

 

そんな、ノンスタイル石田明さんについて調査してみましょう。

スポンサードリンク

ノンスタイル石田明の嫁とは?

 

そんなノンスタ石田明さんは2012年、当時20歳だった一般人女性と結婚したと話題になりました。

 

2017568_201210100285123001349840264c

ノンスタ石田さんの嫁はどんな人なのか?

 

一部では、「チリ人」という噂のもありましたが、まぎれもない日本人です。

 

しかも、女優の相楽晴子さんに似ている美人なんだとか。

 

ノンスタ石田さんが、テレビ番組で過去にうつ病だったことを告白した時には、家に帰ると「Always Smile」と書かれたステッカーを家の壁に貼ってくれていたのだとか。

 

愛情あふれるエピソードがたくさんあるようです。

 

ノンスタ石田さんの嫁は、若くて美人で、旦那思いの優しい女性のようですね。

 

 

ノンスタイル石田明のはうつ病だった壮絶な過去とは?

 

ノンスタ石田さんは、デビュー間もない2001年頃から重度のうつ病を患っていたのだとか。

 

うつ病の原因は、父親の莫大な借金。

 

それに加え、テレビ出演の際、フリートークが苦手だったことがストレスとなったためなんだとか。

 

最初は「写真をたくさん撮って、その写真と話す」「嫌なことを口にしながら年度を壁にぶつける」などといったカウンセリングを受けていたノンスタ石田さんでした。

 

やがて、安定剤、抗うつ剤、睡眠薬と言った多量の薬を服用するようになり、心療内科にも通うようになりました。

 

仕事内容がストレスの元では、という病中はさぞつらかったでしょうね。

 

しかし、2008年にM-1グランプリ優勝などを経て、仕事が波に乗るようになった石田さんは、うつ病を克服したんだそうです。

 

 

ノンスタイル石田明の結婚式に相方の井上は出なかった?

 

ノンスタ石田さんは、2012年10月にハワイで結婚式を挙げています。

スポンサードリンク

 

もちろんその招待客にはノンスタイルの相方である井上さんの名前もあったんです。

 

しかし、井上さんはまさかの欠席。

 

井上さんが会い方であるいしださんお結婚式を欠席した、その驚きの理由が「第2回ベストフンドシストアワード」の授与式に出席するためだったんです。

 

「相方より、ふんどしを優先しました」と語ったノンスタ井上さんですが、実はふんどしよりもっと優先したかったのが、ふんどしアワードに同じく選出されていた壇蜜さんに会うことでした。

 

ところがお目当ての壇蜜さんは、授与式を欠席。

 

「てっきり壇蜜さんに会えると思ったので、こっちを優先したのですが」と残念がっていた相方の井上さん。

 

 

ノンスタイル石田明も相方の井上のようにTwitterが炎上?

 

ノンスタ石田さんは、相方の井上さんがTwitterなどで炎上しすぎているおかげで、炎上しているイメージはないですよね。

 

しあk氏、やはりそこは芸人さん。

 

何度か、尊発言や行動で、Twitterが炎上したことがあるようです。

 

1度目の炎上は、2009年に行われた玉木宏さんが主演の映画「MW-ムウ-」のPR会見で、ノンスタ石田さんの熱愛報道ばかりが話題になり、映画の内容が全く触れられていなかったとき。

 

これはのちに「ノンスタ石田のオカヤドカリなブログ」で、公式謝罪しています。

 

もう一つは、2016年1月に、ノンスタ石田さんがライブレポに関して「大っ嫌い」とブログで発したとき。

 

ノンスタ石田さんいわく「一言一言こだわって作っている舞台を、うろ覚えな言葉で文字に起こすのは本当に勘弁してほしい」のだそうです。

 

自身の仕事への思い入れ故、炎上覚悟で言わなければいけなかったのでしょうね。

 

 

ノンスタイル石田明は貧乏もうつもフリートークも苦手を克服

 

ノンスタ石田さんのイメージの一つが「子供の頃あり得ないくらい貧乏だった」というものがあります。

 

学校で使う文房具が買えなかったり、リコーダーが変えずにあちこちで部品を探し、3つのパーツの色が全く違う「3色リコーダー」を使っていたリ、野球のスパイクとスニーカー、どちらか1つしか買えないといわれ野球のスパイクを選んだものの、通学に吐く靴がなくスパイクで日常生活を送っていたというエピソードがあります。

 

貧乏暮しは、「あり得ないくらいの額の父親の借金」の姓だったことを大人になってから知るのですが、そのことも1つの原因となり、ノンスタ石田さんは筒病になってしまったのです。

 

しかし、その後、M-1グランプリ優勝を栄えに人気芸人の仲間入りを果たし、うつ病も自らの力で克服、加えて12歳年下の女性と結婚という大逆転の人生に変わったということです。

 

どうやら、うつ病の方ひとつの原因なっていた「フリートークが苦手」というコンプレックスも見事に克服できたようです。

 

結婚式のエピソードや趣味のけん玉の話を、面白おかしく話していますね。

 

内向的ながら、いつもひたむきに努力しているノンスタ石田さんには、今後もどんどん活躍し笑いの渦に巻き込んで欲しいですね。

スポンサードリンク