パンサー菅良太郎のフライデーされた彼女との現在は?実家はお金持ちだった?

1223-1

菅良太郎は、お笑いトリオのパンサーとして活躍しています。

 

2008年6月に、尾形貴弘と向井慧とパンサーを結成してブレイク。

 

パンサーは本業のコントよりも、その他の活動による出演が多いようです。

 

パンサーの中では大ボケとネタ作りを受け持っているのが菅良太郎です。

 

そんなパンサーの菅良太郎について調査してみましょう。

スポンサードリンク

パンサー菅良太郎がフライデーされた彼女とは?

 

パンサー菅良太郎は、20歳の頃に付き合っていた年上の彼女の浮気現場に遭遇した経験がきっかけで、二次元の女性に走ったといわれています。

 

たとえば、女性とパソコンを比べたら、菅良太郎が選ぶのはパソコン。

 

しかし、そんな菅良太郎が、女性との熱愛ショットをフライデーに激写され話題になりました。

 

それは2014年5月下旬の深夜。

 

東京都内JR駅近辺で、帽子に黒ぶちメガネ姿のパンサー菅良太郎と連れ添っていたのが、全身を白でコーディネートした美女。

 

長澤まさみ似の彼女は、ねいるさろんを開業している30歳のネイリストだとか。

 

性格が明るくて、スタイルも良いことから、有名人のお得意様も多いというネイリスト。

 

パンサー菅良太郎とは、飲み会で知り合ったのがきっかけと伝えられています。

 

しかし、パンサー菅良太郎は、わずか1年後に破局してしまったようです。

 

現在の進展を聞かれた菅良太郎は、「撮れれたので気まずくなって…」と、報道後に彼女との関係が自然消滅してしまったことを告白しました。

 

現在は、彼女なしだと明かしました。

 

実は、このパンサー菅良太郎の熱愛報道にはわけがありました。

 

それは、肉食系女子の代表ともいえるタレントのLiLiCoが、映画の公開イベントに出席した際、「今年はガツガツいかないで、ゆっくり攻める」と、同席していた菅良太郎へのアプローチを公表したことから始まりました。

 

2032874_201401110704904001389428622c

菅良太郎は、LiLiCoを諦めさせようと別の女性と同伴で、繁華街を歩き回ったとも言われています。

 

 

パンサー菅良太郎の実家はお金持ち?

 

パンサー菅良太郎の実家がお金持ちだと噂になっています。

 

実際に、人材派遣会社を営んでいるという父親は、会社の社長だったそうです。

 

ですから、金持ちだったというのはある程度本当のようです。

 

そんなパンサー菅良太郎の父親には変わりものというエピソードがあります。

スポンサードリンク

 

ある日、パンサー菅良太郎が指を火傷した時に、「ちょっと待っていろ」といった父親が、一生懸命セロハンテープで巻きつけて固定したのがなんと馬刺し。

 

火傷を冷やすために、氷を負ってくるのが普通ですが、パンサー菅良太郎の父親は馬刺しを持ってきたのだとか。

 

そのほかにも、突然「俺、パリで店をやろうと思っている」と言い出した父親。

 

「いつから?」とパンサー菅良太郎が聞いたところ、返事は「明日から」。

 

実際に、次の日にパリへ渡り、それからは日本へまったく帰国していないのだそうです。

 

パンサー菅良太郎の父親は、パリでのラーメン店出店事業が成功して、今や豪邸暮らしで優雅な生活を送っているといわれています。

 

いくら社長をやっていたとはいえ、いきなりパリにわたって成功したのですから、事業の才能に恵まれているのでしょうね。

 

その意味では、今もパンサー菅良太郎の実家はお金持ちといっても良いでしょう。

 

そんな父親とは正反対に、パンサー菅良太郎の母親は、真面目で堅実な人柄のようで、話すのは政治や景気関連の話題のみだとか。

 

パンサー菅良太郎は、8年後にバラエティー番組で父親と再会し、手作りのラーメンを試食して「うまい。けど、涙が出ない」と感想を述べていました。

 

芸人一本で生業を立てると決めたパンサー菅良太郎は、父親のラーメン店を継ぐ気はないようですね。

 

 

パンサー菅良太郎はギャル男だった?

 

パンサー菅良太郎の素顔には、つまらないどころか、キャラが濃すぎるというエピソードが欠かせません。

 

実はギャル男だったという過去を持つパンサー菅良太郎。

 

そのころは、やたらとピアスをしていました。

 

mig

その名残として、耳と唇の下にはピアスをつけるためにあけた穴があるようです。

 

そんなパンサー菅良太郎がピアスを辞めた理由は、「かっこ悪い」「後輩のウケが良くない」ということでした。

 

ストレスをため込んだときには、唇にピアスをしたことがあるとも告白していました。

 

しかし、「唇にピアスをしているようでは、お笑い芸人としてダメ」と後輩芸人からダメ出しを食らって、ピアスをやめたということです。

 

ほかにも、テレビ局を相方たちと歩いていたら、ADが「習字の先生!こちらへどうぞ!」と走って迎えに来たというエピソードもあるようです。

 

パンサー菅良太郎の髪型とひげ面なら、間違えられてもしかないかもしれませんね。

 

クールで地味な印象なのに、実はキャラが濃すぎるギャップの大きさに定評のある菅良太郎。

 

レギュラー出演しているバラエティー番組でも「昔はギャル男だった」という過去をカミングアウトしています。

 

外見とは異なり、実は厚い人物で、とても涙もろい人柄でもあるそうです。

 

トリオのネタ作りを担当していることから見ても、パンサー菅良太郎は、多方面でもかなり才能豊かな人物だとみて良いでしょうね。

スポンサードリンク