ブルゾンちえみの魅力は?上半期の主役は確定か?

ブルゾンちえみの魅力は?上半期の主役は確定か?

20170101204940

今年に入り急激に露出が増え
各バラエティ番組で確実に爪あとを
残している女芸人のブルゾンちえみさん。

 

1月に放送された「ぐるナイ!SP」で
有料して以来、「デキる女!」になりきり
恋愛についてアドバイスするネタが
瞬く間に浸透しています。

 

どこか古臭い名前だが、本人が
「尊敬するコシノジュンコ氏を意識している」
と語るように、そのメイクやルックスは
毒を持つ爬虫類のような強烈なインパクトだ。

 

芸歴2年の超若手が、なぜこんなに各番組に
ハマるのでしょう?

スポンサードリンク

インパクトのある外見とできる女風のアドバイス

 

キッカケは今年の「ぐるナイ!SP」の
「おもしろ荘」で、これまでにも
おかずクラブや日本エレキテル連合ら
多くの注目芸人が出演し、軒並みブレイクを
果たした登竜門的な番組だ。

 

今回のオーディション参加数は
過去最高となる859組の中、
ブルゾンちえみは「ブルゾンちえみWith B」
として出演し、優勝した。

images (2)

SNSでも「ブルゾンちえみ、じわる」
などと話題になっていました。

 

芸風としては、キャリアウーマンやデザイナー
女性外科医などのできる女になりきり
上から目線で恋愛について

アドバイスするというネタで
後ろに従えたイケメン風の男性二人と
音楽にノリながらセクシーポーズをとり
決め是リグを放っていく。

 

ガッツリめに引いた黒いアイラインに
真っ赤なルージュ、ハウスマヌカン風の
前髪ぱっつりというルックスは
確かに2980年代のコシノジュンコ的でもあり
「DESIRE」を歌う激太りの中森明菜的でもある。

 

タイトなスカートにボディラインを強調した
ブラウスを着ているのだが、その豊満すぎる
styleのためパツパツ。

 

しかし、そこを突っ込むのは野暮とばかり
本人はいたって本気でネタを
かましてくれるので、視聴者もつい
納得しながら笑ってしまう。

 

スポンサードリンク

 

嫌味のない恋愛ネタのバランス感覚

 

一連のネタのお供をする2人の男
「With B」の正体は、同じ事務所に所属する
後輩のお笑いコンビ・ブリリアン。

 

言ってみれば、叶姉妹の
グッドルッキングガイ的なポジション。

 

ブルゾンちえみが指を鳴らすと
「スカイ!」「オーシャン!」
「(ふたり合わせて)With B」!と
忠誠をつくし、ムーディーな音楽で
3人がセクシーポーズをとる。

 

このノリは「J MEN’S TOKYO」で
人気を博した外人ダンサーを彷彿させる。

 

実際、ブルゾンちえみのオフィシャルブログ
「ブルゾンちえみ~What’s up?
セレブリティーズ」では
叶姉妹がブログなどで多用する
「ファビュラス」を使うあたり、
大いに叶姉妹を意識しているようです。

 

このWith Bは意外と凡庸性が高く
「嵐にしやがれ」では、芸人とばかり
遊んでいるという二宮和也さんが
不意の指鳴らしにも即座に反応し
「意外と鍛えられてるな」と
感心されていました。

 

ブルゾンちえみさんは、厨房が
ネパール人だらけのファーストフード店で
バイトしていた際のエピソードとして
「付き合った彼氏は3人連続でネパール人。
色が白くてふくよかなのがドンピシャらしくて」
と告白していました。

 

最近の女芸人として必須ともいえる
嫌味にならない恋愛ネタを披露し
必須となるフリートークも合格点を
取ったのである。

 

女ピン芸人に受け継がれるパロディ芸が鋭角化

 

「行列のできる法律相談所」で
「今年ブレイクするかもしれない芸人」枠でも
ネタを披露して注目を集めたブルゾンちえみ。

 

早くもひな壇のゲストとして再登場し
今月に入り「アメトーーク!」の
「若手芸人持ち込み企画プレゼン大会」や
「スッキリ!!」、「PON!」などのほか
新ネタを「おもしろ荘」で初公開するなど
次々と番組出演し一挙にブレイクした。

 

この勢いに乗って、4月以降には
レギュラー番組への出演も増えて
いくでしょうね。

 

しかし、党のブルゾンちえみはブログで
「おもしろ荘、ありがとうございました。
Twitterでのたくさんの嬉しいリプ
本当に、ありがとうございます。
1つずつ読んでいるのですが、
返信できずにおります。
申し訳ありません。ただ、凄く、
励みになっております。」

と、どこまでも謙虚に感謝の意を
述べるあたりも、好印象に
つながっているようです。

 

今後、ブルゾンちえみは先輩ピン芸人
たちの仲間入りを果たし、一般視聴者が
当人にはなかなか指摘できない
「痛い女」や「ウザい女」を次々と
ネタにして楽しませてくれるでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

ワタナベエンターテインメントカテゴリの最新記事