お笑いコンビ・ミキが兄弟芸人需要が?ほかの芸人にはない武器!

お笑いコンビ・ミキが兄弟芸人需要が?ほかの芸人にはない武器!

1607_kansai_miki_sub-min

兄弟のお笑いコンビ・ミキが年始から
ブレイクを予感させる活躍を見せている。

 

ミキのように兄弟でお笑いの道に進む芸人は
千原兄弟さんや中川家、ザ・たっち、
まえだまえだなど意外と多く、
兄弟芸人というくくりで一定の需要がある。

 

兄弟芸人が重宝される理由は
何かあるのでしょうか?

スポンサードリンク

兄弟であることで増す親しみやすさと覚えやすさ

 

兄弟であることはコンビの最大の特徴で
単純に「僕たち本当の兄弟です!」ということで
話の「つかみ」になります。

 

史とゆしゃにも覚えてもらいやすく、
顔が似ていればなおさらですよね。

 

実際に、誰と誰が兄弟でというのは
覚えやすいポイントでもあり
かつての高嶋兄弟や若貴兄弟ブーム
からも伺えます。

 

さらにトーク番組でも弟が兄を「お兄ちゃん」
と呼ぶことで、中川家さんのように
お兄ちゃんと礼二というように
視聴者にも覚えてもらいやすく、親しみも増します。

 

千原兄弟にしても、いつもはジュニアさんが
兄のせいじを「残念な兄」といじるのがお約束ですが
天然ボケの兄を弟が笑いのネタにしまくる事で
実は兄思いなジュニア。

スポンサードリンク

 

家に引きこもっていたジュニアをせいじが連れ出して
NSCに入所させたのは有名な話であり
いつもは仲の悪い兄妹に見えても、裏では強い絆で
結ばれていると、視聴者が想像してくれる
という効果もあります。

 

 

兄弟芸人だから身内ネタも伝わりやすい

 

顔が似ているからできるザ・たっちの「幽体離脱」は
他の芸人にはまねできないネタであり
兄弟や双子だからこそウリになる。

 

実の姉妹じゃない、あさがや姉妹もうり二つの容姿で
どっちが姉でどっちが妹?というように
同じ顔であるだけで笑いを取れるのも姉妹芸人ならではで
叶姉妹にしても、姉妹であることをウリにしたからこそ
ブレイクしたと言えますよね。

 

「すべらない話」で、ミキの弟・亜生が兄の
面白エピソードを紹介したが、芸人にとって
家族ネタは「鉄板」。

 

さらに千原兄弟の用意視聴者にも顔がわかる
相手の話となれば想像もしやすく、
面白さがより伝わりやすい。

 

年末恒例の「笑ってはいけない」シリーズでも
ココリコ遠藤章造の一家が毎回出てくるように
家族一丸で笑いをとりに行くスタイルも
すっかり定着したと言えるでしょうね。

 

そうした家族ネタの究極の形が兄弟芸人だとも
いえそうですが、成功する兄弟芸人たちは
生まれながらに持ち合わせた才能に加え
兄弟というネタがお笑いに向いていたことも
功を奏したのでしょう。

 

これからも兄弟芸人が絶えることはないでしょうし
新しく誕生し続けるでしょう。

 

夫婦漫才と並んで兄弟漫才や兄妹コントが
確立していくかもしれませんね。

スポンサードリンク

よしもとカテゴリの最新記事